意外と身近な民事裁判

民事事件の訴訟というものにも、親権を巡っての訴訟や名誉毀損に関する訴訟など、様々なカテゴリーのものがあるわけなのですが、その多数を占めているものは、やはり財産権や債権債務関係を巡っての訴訟である、と言うことができるのではないのでしょうか。

その債権債務関係を巡っての揉め事にも、賃料の不払いや立ち退き請求の正当性などといった不動産の権利関係を巡ってのものなど、実に様々なものがあるわけなのですが、ビジネスの取引上では必須のものともいえる手形や小切手を巡っての紛争、といったものも民事訴訟の代表的なものの一つとなっているわけです。

この手形や小切手を使って行われている取引で揉め事が起こった際に、その訴訟が提起された場合、これを手形小切手訴訟と読んでいるのです。

手形、小切手というものは、現金払いに代えてその支払いを確約するための信用証書として使われているものなので、その支払いが正しく履行されれば何の問題も発生しないのですが、現実にはそれがまともにはなされずに、様々に不正利用されたり悪用されたりする場合が少なくないために、多くの紛争が発生しているので、この手形・小切手取引を巡る訴訟といったものも、後を絶たないという実態となっているのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。